セフレになる女性の主な特徴について

最近の恋愛事情では、恋愛関係を築くという約束をする前に肉体関係を持つことが多いんです。

だから肉体関係を持ってしまい、相手に対して愛着が沸いたときに初めて恋愛対象の秘密を知る。

実はすでに恋愛相手がいます。

実は結婚していました。

こういう後悔が後を立たないのだ。

もしも肉体関係を持った後にこれを知った場合、あなたはどうしたいのか?自分を一番にしたいと思うのか?それともセフレの関係で甘んじるのか?さらにはすっぱりと関係を断ち切るのか?もしも略奪愛を選択するならば覚えておいて欲しいことがあります。

セックスの後で恋愛感情を持つのは、明確に女性の側に多いというのが特徴なんです。

これは脳みその構造がそうなっているので、どうしても止めることができません。

好きという感情があるからこそ、恋愛相手にだいて欲しい。

セックスをしたからきっと相手のことを愛しているんだ。

こういう方程式が成り立つのです。

だからもしも恋愛対象に相手がいても、好きだからという理由でまた抱かれる。

これではセフレの典型的な状態だと言えるでしょうね。

もしも恋愛対象が今現在の彼女と別れても、あなたがこんな状態ならばセフレの関係からは抜け出ることはないんです。

好きだから抱かれることを拒否しない。

これでは駄目なんですよ。

セックスが好きな女性が多く利用しているセフレ掲示板

もうねえ、本当にセフレ掲示板というものを使い始めてずいぶんと長い時間がたつのですが、右も左もわからなかったような最初のころに比べると、少しずつでも、セフレ掲示板の傾向みたいなものがつかめるようになってきましたね。

長年の経験の積み重ねが実を結んだというか、せっかくなので皆様にも開陳したいと思います。

大げさな前フリをしましたが、要するにセフレ募集の専門サイト、通称セフレ掲示板には、訳もなく大胆な女性が多いという事です。

性欲を持て余しているという事情は男とそんなに変わらないということでしょうか。

逆にこっちの方が彼女を犯すことを申し訳なく感じて、かなりためらっちゃうくらいで。

だって、ぼくが何も言ってないうちから、さっさと服を脱いじゃうんです。

それで自慢の下着を見せびらかすようにしながら、これはあなたが脱がせてって言うんです。

このあたりで、私の頭のなかにかろうじて残っていたり性はきれいさっぱり消え去ってしまって、私はあまりためらわずにその子のショーツに手を突っ込みました。

そしたら、何でこんなに濡れてんのって思うくらいにぐちょぐちょに濡れてて、指であそこをかき回したらものすごい音がして、そのままいかせてって言われたから、お望み通りいかせてあげました。

いやあ、世の中いろんな子がいるんですね本当に。

30代独身男性のセフレ体験談

僕は以前、彼女と別れて落ち込んでいた時期がありました。

長期間付き合っていた彼女だったので痛手も大きく、唯一心に開いた穴を埋められるのはインターネット。

それもセフレ募集のサイトをすがるように見るのが日課になっていました。

失恋してすぐはさすがに性欲も湧かず、何を見ても興味がもてなくて、ただ会社と家を往復する毎日でした。

ですがしばらく時間がたつと、だんだんセックスに対する欲求がどんどんと膨れ上がってきたのです。

男性という生き物の宿命なのでしょうか。

会社から帰ると即効パソコンを開いてセフレ掲示板にのめりこんでいました。

女性登録者のプロフィールを見ると思いのほか美人が多かったし、実際に出会える可能性もかなり高いと聞いたので、思い切ってサイトに登録してみました。

僕の年齢は30代。

登録者の女性も20〜30代が大半ということで、ひょっとしたらすぐに、簡単に相手からアプローチされるのでは?と、とても楽しみでした。

僕の理想どおり、登録した次の日にはもう3〜4名の女性からアプローチのメールが来ていたのです。

20代30代の女性ばかりでそのうちの1人は僕の家からすぐ近くで会えるとの事。

あまり近場だと誰に見られるか分からないので不安もあり、落ち合う場所はホテルの中にしました。

待ち合わせの場所に、サイトで見た写真の生身の女性がいることにドキドキしましたが、彼女のほうは緊張も見せず、スムースな対応で僕と挨拶しました。

その態度はセフレに慣れている、といった感じでしたね。

でもベッドインすると、彼女の印象はがらりと変わり、受身で喜びを感じているのです。

僕のほうが一貫してリードした形になり、久々にセックスの喜びを僕も十分に感じることができました。

セフレ掲示板の存在があって本当によかった。

僕のほかにも同じような経験をしている人は多いと思いますよ。

Menu

 TOP